薄毛の原因を知る

薄毛になる原因を知ることは、薄毛対策の基本です。

それによって、選択すべき対策も違ってきます。

とはいえ、そもそも薄毛の原因というのは、明確に解明されているものではないのです。ただし、いくつかの理由は裏付けとなる根拠があり、検証もされているものがあります。

まず、薄毛のいちばん大きな要素は遺伝によるものです。

これは学的にも検証されているようです。国際的な遺伝学の学術誌に掲載されているようです。

人が要約したものを参考にすると、ざっくりで申し訳ありませんが、40歳よりも以前に薄毛になった人は、男性ホルモン(アンドロゲン)の遺伝子に変異があるというものです。

母方の祖父が薄毛の場合、薄毛の遺伝子を継承する可能性が高いということです。

でも、薄毛でもM字タイプや頭頂部のみの薄毛、など薄毛のタイプによっては、簡単に遺伝と断定できないそうです。

男性ホルモンが原因になるというのもあるようです。医療用製薬企業運営のAGA-NEWで紹介されたようです。

男性ホルモンは、男性らしい体つきになるのに重要なのですが、ジヒドロテストステロン(DHT)が髪を生やす毛乳頭細胞に入ると、結果的に、髪の成長が抑止されるようで、抜けやすくもなるようです。

男性ホルモンそのものは取り除いたり抑制することは難しいです。TGF-β1の抑制などで薄毛対策できるかもしれないようです。

また、ストレスは髪に良くありません。一応は、ストレス=薄毛というのは科学的根拠に基づくものだそうです。ストレスって血行不良や不眠症、内蔵機能低下などを起こす原因になります。それが結果的に薄毛につながっているようです。

とくに考えられるのが血行不良です。

血液の流れが悪くなると毛根に栄養が十分に供給されません。そのため髪がやせ細り、抜け毛が増えていくのです。

 

他にも食事の習慣、生活習慣、睡眠なども影響しているようです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク