日々の生活の中の薄毛対策

未分類

髪が薄くなってきたとき、どうにかして髪を増やしたいと思いますよね。

で、そのときにできるならば、自力で薄毛を改善できればと思われる方は多いと思います。

そこで、自力で薄毛を改善するには、大きく2つが考えられます。

毎日の生活習慣の改善による対策と育毛剤などをつかった改善方法です。

そこで、まず基本的な生活習慣などによる薄毛予防の方法ですが、食生活を見直すというのが、あります。簡単に言うと髪にいい食生活をすることです。

具体的には、髪にしっかりと栄養が行き渡る栄養バランスのよい食事を摂ることです。

できるだけ避けたいのは、コンビニ弁当やファストフードなどに偏った食生活を続けることです。
やはり十分な栄養が取りづらいですから。

髪の成長にいいものとしては、たんぱく質、ビタミンB群/A/C/E、亜鉛などです。

次に、良質な睡眠です。
睡眠中は成長ホルモンが分泌されるため、髪の毛の新陳代謝が活発になります。でも、睡眠不足になっていると髪の毛の成長にも影響が出やすいのです。

また、睡眠の質にもこだわりたいです。やはり深い睡眠がとれるようにしたいです。

そのためには、適度な運動なども必要です。

また、生活の中でストレスを貯めないことです。うまくストレスを発散していきましょう。ストレスは自律神経を乱し、血行不良につながります。

血行が悪いと髪に充分な栄養が行き渡らなくなります。

あとは、シャンプーの見直しです。
シャンプーは、頭皮の状態に合ったものがいいです。おすすめはアミノ酸系シャンプーとかスカルプDなどがいいです。

薄毛の原因を知る

未分類

薄毛になる原因を知ることは、薄毛対策の基本です。

それによって、選択すべき対策も違ってきます。

とはいえ、そもそも薄毛の原因というのは、明確に解明されているものではないのです。ただし、いくつかの理由は裏付けとなる根拠があり、検証もされているものがあります。

まず、薄毛のいちばん大きな要素は遺伝によるものです。

これは学的にも検証されているようです。国際的な遺伝学の学術誌に掲載されているようです。

人が要約したものを参考にすると、ざっくりで申し訳ありませんが、40歳よりも以前に薄毛になった人は、男性ホルモン(アンドロゲン)の遺伝子に変異があるというものです。

母方の祖父が薄毛の場合、薄毛の遺伝子を継承する可能性が高いということです。

でも、薄毛でもM字タイプや頭頂部のみの薄毛、など薄毛のタイプによっては、簡単に遺伝と断定できないそうです。

男性ホルモンが原因になるというのもあるようです。医療用製薬企業運営のAGA-NEWで紹介されたようです。

男性ホルモンは、男性らしい体つきになるのに重要なのですが、ジヒドロテストステロン(DHT)が髪を生やす毛乳頭細胞に入ると、結果的に、髪の成長が抑止されるようで、抜けやすくもなるようです。

男性ホルモンそのものは取り除いたり抑制することは難しいです。TGF-β1の抑制などで薄毛対策できるかもしれないようです。

また、ストレスは髪に良くありません。一応は、ストレス=薄毛というのは科学的根拠に基づくものだそうです。ストレスって血行不良や不眠症、内蔵機能低下などを起こす原因になります。それが結果的に薄毛につながっているようです。

とくに考えられるのが血行不良です。

血液の流れが悪くなると毛根に栄養が十分に供給されません。そのため髪がやせ細り、抜け毛が増えていくのです。

 

他にも食事の習慣、生活習慣、睡眠なども影響しているようです。

ページの先頭へ